23日土曜日は、「味の素スタジアム」でのJ1リーグ戦、FC東京×セレッソ大阪戦へ。
味の素StudiumFC東京×C大阪
山梨在住となり、大阪よりは味スタが近くなったので行ってみた次第。

現地へはマイカーで。
中央自動車道経由で調布インターを経て、府中市内にあるコイン駐車場へ。
そのコイン駐車場の1日料金が安かったのが事前に分かっていたので、そこに駐めました。
朝早い時間に移動したので。道も空いていたしラクでした。

甲府市内から2時間かからないのが大きい。JR→京王だとそうは行かないので。

11年ぶりの「飛田給」。

調布、府中市内に青赤のペナントやペインティングが目立つ。
ここ11年の間に、FC東京の営業さんが努力されたのでしょう。すっかりこの辺りの地元クラブとして定着しているのかと。

試合前はスタジアム前に設けられたフードコートにて早めの晩飯。
foodcoat焼き魚丼の屋台


魚の丼。味は悪くなかったですよ。
焼き魚丼

そしてスタジアム内ではカレー。
カレーC&C

京王がチェーン展開しているカレースタンドのものだったです。

「味の素スタジアム」になってから初めての観戦だったのですが、「味の素」はスタジアムグルメには関わってないのですね。

試合内容は割愛。
前線でボールキープできる選手がいれば、状況が変わってくるんでしょうが…。

◆6月23日 味の素スタジアム(東京都調布市)

FC東京 2−0 C大阪
(前半0−0)
(後半2−0)

【得点者】長谷川アーリアジャスール、ルーカス(FC東京)

リンク:試合結果@J's GOAL

おまけ
その1
この日の目玉は海外移籍が決まっている清武弘嗣選手がセレッソの選手として最後の首都圏での試合。
多くのカメラマンが彼のゴールシーンを取りたくて構えていましたが。

彼がノーゴールで途中交替。

すると、一人、二人…とあっという間にカメラマンの数が減りました。

注目度が日本全国津々浦々ネットから「東京MXテレビ」(地元UHF局)レベル。そして地域ケーブルテレビ局レベルなカメラマンの減り方でした。
とても解りやすかったですが(笑)セレッソの逆転勝利は期待されていなかったのでしょう(涙)


その2
観戦した面々で飛田給界隈で反省会という名の飲み会。
でも私はノンアルコールでしたが。

お店には杉本健勇選手掲載の「東京ヴェルディ」のポスターが貼られていたことを触れておきます。
杉本健勇

セレッソ復帰ないですかね?