27日水曜日に行われた、ヤマザキナビスコカップA組第7節、セレッソ大阪×サガン鳥栖戦はフジテレビnextの生中継で確認。
C大阪×鳥栖
この日のメンツは以下の通り。
先発鳥栖先発


試合前から清武弘嗣とサガンに属している清武功暉(こうき)の清武兄弟の初対決という注目がありました。
清武弘嗣選手が海外に移籍するので、これが最初で最後に対戦になるであろうと。

前半から兄弟のマッチアップなんてのも拝めました。

しかしながら前半終了間際にサガンがこの試合2人目の退場者を出してしまい。
代わりに弟の功暉選手は交替。残念。
清武弟交替

兄の弘嗣選手もノーゴールで後半途中で引っ込みました。

結果としてはセレッソが大勝。
前半早い段階で先制できたのは大きかったです。

先制弾は扇原貴宏選手の無回転シュート。
とても素晴らしいものでした。
扇原無回転先制弾-1扇原無回転先制弾-2
扇原無回転先制弾-3

柿谷曜一朗選手は2ゴールの活躍。
2ゴールとも彼の高い能力によってもたらされました。
柿谷1点目-1柿谷1点目-2

柿谷2点目-1

前半終了間際の1対1の場面で相手GKのファウルが取られてなかったら、彼はゴールを決めてて、彼はハットトリックを決めたことになっていたんですがね。
その愉しみは次に置いておきましょう。

トータル5得点で大勝。
試合終了清武兄弟
尹晶煥監督柿谷曜一朗

ベガルタがジュビロに4得点をとったので、1点多くとったことで1位抜けを決めました。

決勝トーナメントの相手は鹿島アントラーズだそうです。


◆6月27日 大阪・キンチョウスタジアム(長居球技場)

C大阪 5−0 鳥栖
(前半2−0)
(後半3−0)

【得点者】扇原貴宏、金甫ギョン(=PK)、柿谷曜一朗2、藤本康太(C大阪)

リンク:試合結果@J's GOAL