29日日曜日は、山梨中銀スタジアム(山梨小瀬スポーツ公園陸上競技場)でのJ2リーグ戦、ヴァンフォーレ甲府×東京ヴェルディ戦へ。
山梨中銀Studium3年振りの小瀬

小瀬でのサッカー観戦は3年振り。
自転車で小瀬スポーツ公園へ。
山梨小瀬Sports公園案内図

小瀬へは何度かクルマで行っているけど、試合後の混雑が大変なので、今回は自転車で、大阪に住んでいたときのように、長居公園へ行く感覚で小瀬へ。実際に同じくらいの距離感(笑)

自転車で来ているヴァンフォーレサポーターが沢山いました。

スタジアムでは既に試合が始まっていて、ヴァンフォーレが永里源気選手のゴールで先制していました。
甲府×東京Verdy member


その後、両軍1人ずつ、累積イエローで退場者を出し、10人×10人で前半終了。
1人少ない中でヴァンフォーレは得点機があったが、いずれも逸しました。

後半は10人×10人の中ヴェルディが主導権をとり、後半7分に高橋選手のゴールで同点。
その後もヴェルディペースが続きましたが、ヴァンフォーレはトップ下に加入したばかりのフェルナンジーニョ選手を投入。
その数分後には、フェルナンジーニョ選手のクロスに柏好文選手が合わせ、勝ち越し弾。
甲府勝ち越し弾

スタジアムじゅう大騒ぎ。
城福さんも歓喜

その後、ヴェルディの攻撃陣に押し込まれる時間が続いたヴァンフォーレでしたが、試合終了間際の後半43分に石原克哉選手のゴールで駄目押し。
甲府駄目押し弾

地元韮崎高校出身の2選手のゴールで勝ち越したヴァンフォーレがヴェルディから首位を奪いました。

因みにヴァンフォーレの首位はクラブ創設史上、初めてのこと。
試合終了

◆7月29日 山梨中銀スタジアム(山梨小瀬スポーツ公園陸上競技場)

甲府 3−1 東京V
(前半1−0)
(後半2−1)

【得点者】永里源気、柏好文、石原克哉(甲府)高橋祥平(東京V)

リンク:試合結果@J's GOAL

おまけ
「ラーメン師範」こと盛田剛平選手もヴァンフォーレのDF陣の一員としてフル出場していました。
盛田剛平