ロンドン五輪の競泳の最後を飾る、400mメドレーリレーの決勝がありました。
女子は銅メダル。

そして男子は銀メダルの活躍。

とくに男子の第2泳者である北島康介選手はトップに立ち、第3泳者の松田選手に繋ぎました。
渾身の泳ぎでした。

自身の個人種目である200ブレ(200m平泳ぎ)でも一時先行。
最終的には4着でしたが、隣のレーンを往く立石諒選手のリード役に廻ったのかと思いました。

自分自身の立場で最善を尽くしたように思いました。

結果、個人種目ではメダルは獲れなかったものの(というか北島選手の年齢で一線で活躍していること自体が凄い)。団体では銀メダルを獲得。

おめでとうございます。