26日日曜日は、山梨中銀スタジアム(山梨小瀬スポーツ公園陸上競技場)でのJ2リーグ戦、ヴァンフォーレ甲府×横浜FC戦へ。
山梨中銀スタ甲府×横浜FC甲府×横浜FC-2

日曜日のナイトマッチ。午後6時キックオフ。
昼と違い、ちょっと涼しさを感じる中銀スタジアムのメインスタンドでした。

目下J2の首位をキープするヴァンフォーレということで、会場は大入り。1万人超。

中銀スタジアムに掲出される広告は出資している数が多いです。
ボールボーイの椅子には「クスリのサンロード」の広告が。<br>

経営危機があって、「地元クラブがなくなる」危機感がヴァンフォーレへのサポートに繋がっているのでしょう。

試合のほうは、好調は横浜FCが先制。
ヴァンフォーレは前線が噛み合わなかったんですが、後半頭に投入されたフェルナンジーニョ選手による前線が活性。
ダヴィ選手の先制ゴールに繋がりました。

後半28分にもダヴィ選手がゴールを決め、勝ち越し。

ディフェンスは失点後は安定し、好調横浜FCの攻撃を防ぎました。
終了

城福浩監督は「この試合に人生を賭けて臨め」旨のことばを選手たちに掛けたようで。
勝負処で、選手たちのテンションを落とさないよう
好調なチーム相手にキッチリ勝ち点3を挙げ、首位をキープしたヴァンフォーレ。

ゴール裏スタンドにはサポーターにより早くも「優勝」とかかれたゲートフラッグが掲げられていましたが、初の優勝→J1昇格に期待を寄せるサポーター達に応えられるとかどうか。
勝負はこれからですな。

◆8月26日 山梨中銀スタジアム(山梨小瀬スポーツ公園陸上競技場)

甲府 2−1 横浜FC
(前半0−1)
(後半2−0)

【得点者】堀之内聖(横浜FC)ダヴィ2(甲府)

リンク:試合結果@J's GOAL