1日土曜日に、新潟の東北電力ビッグスワンスタジアムで行われたJ1リーグ戦、アルビレックス新潟×セレッソ大阪戦はテレビ中継で詳細を見ていないので、結果だけ。

レヴィー・クルピ監督の「着任早々の試合は、柿谷曜一朗選手のゴールでスコア1−0で逃げ切ったようだ。
前節を前にアタマ丸めて臨んだ柿谷選手はアウェイ環境の厳しい中で、きっちりと結果を出しましたね。

前節のF・マリノス戦で負傷した茂庭照幸選手は此の試合でベンチ入りしてなかったようで。
この後。「天皇杯」を一週挟むけど、2週後のグランパス戦(9/15、長居)で復活できるのか気になるところです。

ともあれ、「おやっさん」の復帰試合で「初日」。しかも決めたのが色々あった柿谷選手であるのが嬉しい。

◆9月1日 新潟・東北電力ビッグスワンスタジアム

新潟 0−1 C大阪
(前半0−0)
(後半0−1)

【得点機】柿谷曜一朗(C大阪)