9日日曜日は、東京・両国国技館での大相撲九月場所「初日」の興行へ。
両国での大相撲観戦は7年前に2月の「大相撲トーナメント」を観戦して以来。本場所となると東京在住時代なので15年以上前になるはず。
普段は大阪や名古屋での観戦だったので、国技館でのアメニティが優れているなとわかる。

国技館は2階の最上段の席へ。
直ぐ後ろは最後列の「自由席」。
指定席だけでなく自由席も埋まらなかったな。
自由席でもよかったかな。

それでも「満員御礼」の垂れ幕が下がる。不思議。

十両途中から観戦。
「高見盛」は今も人気はある。

ただ年齢もあって、引退が懸かっているとの報道。5勝がノルマのようだ。
初日は「北はり磨」(はりの正字は「石へんに番」)を寄り切って、白星。
5勝はいけるじゃないかな。

幕内復帰してほしいけどな。

幕内は綱取りが懸かる「日馬富士」が碧山を寄り切り。
一旦引いたが、後は見てて安定してみていられた。

横綱「白鵬」は盤石の相撲。
仕掛ける「栃ノ心」に対してもきっちり対応。巧さを感じました。

国技館は2階席から外に出られる。
ストレスなしでJRの駅に辿れるのは大きい。

リンク:goo大相撲