10月13日土曜日に行われたラグビーのトップリーグ第6節、神戸製鋼コベルコスティーラーズ×九州電力キュウデンヴォルテクス戦はJ SPORTSの中継を録画で視聴。
神戸製鋼×九州電力
試合は前半は序盤こそ、九電のアタックに受けに廻っていたけど、直ぐに神戸のペースとなり、相手のディフェンスの甘さも在って前半だけで6トライ。
その内の2トライはジャック・フーリー選手によるもの。
前半21分には相手のパスをインターセプトしたもの。
フーリーのトライ

前半26分にはキックオフのボールを直接キャッチし独走してきめたもので、まあ、やりたい放題でした(笑)
フーリー


後半には4トライを挙げ、トータル10トライ。
終盤の1トライを返されるものの、積極的な攻撃と安定したディフェンスで九電に圧勝した神戸。
フルタイム結果


次は、昨季敗戦を喫したNTTドコモ。きっちり勝って雪辱を果たしてもらわんとね。

なおMOMはFW第1列で攻守に貢献した安江祥光選手が獲得。
安江

◆10月13日 近鉄花園ラグビー場

神戸製鋼 70−24 九州電力
(前半42−14)
(後半28−10)

リンク:試合結果@トップリーグ公式サイト