2012クライマックス・パ最終ステージはファイターズがホークスを3戦3勝でシャットアウト。
第3戦は山梨から大阪への移動中にNHKラジオの中継で確認したら、大島康徳氏が余裕たっぷりの解説ぶり。

鷹は不甲斐なかったのもあったが、ファイターズは糸井嘉男選手のサヨナラとか効果的な一打があったなあ。
それとホーム札幌ドームの観客を見方につけていた。

あそこの応援振りは圧倒されるんだよな。

他の球場だと違った見方をするファンがいたりするんだが、あそこの観客はプロ野球に純真無垢というか。サラなんで。熱心に応援するからな。

かつて、ジャイアンツの準フランチャイズだったのが、今はすっかりファイターズのホームといえる街になったのは間違いない。

◆10月19日 札幌ドーム

ファイターズ 3−2 ホークス

この試合が現役最後となったホークス小久保裕紀選手が試合後、両軍選手から胴上げされたようだ。
お疲れ様でした。


リンク:日刊スポーツスコア速報

覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか
覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか

栗の樹ファーム物語―栗山英樹、野球場をつくる
栗の樹ファーム物語―栗山英樹、野球場をつくる