花園の後は、キンチョウスタジアムでのJ1リーグ戦、セレッソ大阪×FC東京戦へ。
C大阪×FC東京@金鳥スタ球技場の真上に三日月
久々のキンチョウスタジアム。

長居陸上はトラック付きにしては傾斜があるので見易いのだけども、キンスタに比べたら…。

相手はFC東京。
前回の味の素スタジアムでは引き分けた相手なので、ぜひとも勝利をと思い、試合に臨みました。

メンバーは
member

   杉本 柿谷
へベルチ    枝村
シンプシリオ 山口
丸橋 藤本 茂庭 酒本
    金鎮鉉
(控え)
松井、高橋、山下、扇原、吉野、村田、播戸

ケンペス選手が退団したので、日本人の2トップに。
試合は前半から攻守の激しい展開。
一進一退の攻防でありましたが、双方決め手を欠いたことで、前半はスコアレスで折り返し。
得点はならなかったが見応えのある前半でした。

後半になって均衡を破ったのはセレッソ。
5分に、丸橋祐介選手が利き足でない右足から放ったミドルシュートが相手のゴールマウスに突き刺さり、先制。
先制弾先制弾-2

その後、FC東京はセレッソから見て左サイドを替えてきました。
丸橋選手の裏を取る策かと思ったら、その通り、同点ゴールもその左サイドがやられ、最後はヴチチェヴィッチ選手に。
同点弾

早口言葉みたいな名前。

セレッソは後半40分に3枚同時交替。

   杉本 柿谷
 吉野     山口
 シンプシリオ  扇原  
高橋 藤本 茂庭 酒本
    金鎮鉉
(控え)
松井、山下、村田、播戸

遅すぎる交替。後手に回った感。

結局ドロー。後一歩足らず。
勝ってほしかったね。
試合終了スコア

試合終了-2茂庭と播戸


試合後は、両軍のサポーター席から茂庭コールの応酬。それに応える茂庭選手でした。

◆10月20日 大阪・キンチョウスタジアム(長居球技場)

C大阪 1−1 FC東京
(前半0−0)
(後半1−1)

【得点者】丸橋祐介(C大阪)ネマニャ・ヴチチェヴィッチ(FC東京)

リンク:試合結果@J's GOAL

おまけ
ハーフタイムはアイドルグループ「アイドリング!!!」がゲスト出演。
5人組のうち、4人がセレッソの応援、1人がFC東京の応援に廻っていました。

パクリエンブレムが取り持つ縁(笑)

彼女たちが来ているユニフォームの背は「!!!」と「アイドリング!!!」に因んでいるんですな(笑)
idolingidoling!!!