11月24日に広島ビッグアーチで行われたJ1リーグ戦、サンフレッチェ広島×セレッソ大阪戦について。
サンフレッチェ広島の初となる年間王者(94年にステージ優勝しているが)が懸かる一戦。

スタンドは当然満員なのだが、ゲームを主管するサンフレッチェは、アウェイ席にもサンフレッチェを応援する観客を入れたようだ。

よく入れたなと思う。

例えば、浦和レッズのホームゲームならアウェイ席(レッズホームゲームの場合は、ビジター席)のチケットをもってても、レッズのユニフォームを纏っていたら、アウェイ席には入れさせないのだが。
まあ、いつものサンフレッチェ×セレッソ戦なら大丈夫だが。この日は特別し、もし問題起こったら、袋叩きになるのにな。

試合は終始サンフレッチェペース。
試合の体を成してながったな。
まあ。主審を家本氏に任せた時点でダメだと思った。ぶれまくりのリフリングする人間を大事な試合に据えるなんて。ほかおらんかったんかい。

ともあれ、サンフレッチェは年間優勝を決め、セレッソの残留は決まらず。
ヴィッセル、ガンバ、アルビレックスととともに残留掛けての最後のイス取りゲームに臨むようだ(11/24時点)
次戦(12/1、vs川崎フロンターレ戦@長居)引き分け以上、残留確定なのだが。

さあ、盛り上がってきましたね(苦笑い)

◆11月24日 広島ビッグアーチ

広島 4−1 C大阪
(前半3−0)
(後半1−1)

【得点者】高萩洋次郎、青山敏弘、佐藤寿人、石川大徳(広島)枝村匠馬(C大阪)

リンク:試合結果@J's GOAL

以下は、25日付けの朝日新聞より。
ともあれサンフレッチェ広島のみなさま、優勝おめでとうございます。
20121125朝日新聞20121125朝日新聞@佐藤寿人インタビュー