11月25日に長居陸上競技場(大阪長居スタジアム)で行われた関西学生アメリカンフットボールリーグの最終節2試合、関西大学カイザース×京都大学ギャングスターズ、立命館大学パンサーズ×関西学院大学ファイターズ戦について。
第一試合は関大×京大。

途中からGAORA中継で試合を観ました。
京大は前半、関大をフィールドゴール2本に抑え、リードしてハーフタイムを迎えたのですが、後半に関大に逆転され、突き放されてしまいました。

第二試合は立命、関学の全勝対決でした。
前半途中までスコアが動かなかったのですが、第2クォーターの5分に立命のパントミスを関学がつき、最後はDB鳥内将希選手(鳥内秀晃監督の子息)が先制タッチダウン。
その後、FGで追加点を挙げた関学は第3クォーターには2つのタッチダウンを挙げ、立命を突き放し、リーグ3連覇を決めました。

◆11月25日 長居陸上競技場(大阪長居スタジアム)

第一試合
関西大学 26−14 京都大学

京大 0 7 0 7|14
関大 3 3 13 7|26

第二試合
立命館大学 0−27 関西学院大学

立命 0 0 0 0|0
関学 0 10 14 3|27

関学は12月2日に甲子園ボウル出場を賭け、名城大と対戦します。