11月25日、東京競馬場で行われた「第32回ジャパンカップ」について。
四角廻ってからの最後、三冠牝馬ジェンティルドンナと昨年の三冠牡馬オルフェーヴルとの叩き合いが凄かった。
ゴール板を先にいったの内のジェンティルドンナのほうだったです。

三冠馬を負かす牝馬。ジェンティルドンナはどこまでいくねん。

審議が長引いて、ジェンティルドンナの斜行(オルフェーヴルと接触)が問題視され、岩田康誠騎手は一週騎乗停止なようだ。

降着なしの騎乗停止になったのは、2009年から実施されている「進路の取り方」に関する騎手制裁基準の一部改定が当てはまるようで。岩田騎手の進路の取り方が強引すぎた為「走行妨害には至らない進路影響の制裁として『騎乗停止2日』の適用範囲を拡大します」なようだ。



リンク:JRAホームページ|競走成績データ