山梨県内のシネコンでようやく観賞。
のぼうの城
史実がベースとなった小説『のぼうの城』(和田竜・作)が原作でそれは読んでないのだけども。

力でつぶそうとする秀吉軍がぎゃふんと云わせるのが痛快。

あの主人公は野村萬斎さんしか無理でしょうな。田楽踊りは流石だった。

予想外が石田三成を演じた上地雄輔さん。
鶴瓶さんとのトーク番組でしか彼のことは知らなかったのだが、なかなか様になっていたな。

ほか、佐藤浩市、山田孝之、山口智充、成宮寛貴といった武将役の俳優が好演していたな。

今回W監督ということで役割分担されてて特撮は樋口監督。それ以外は犬童監督がメガホンをとったのかな。水攻めのシーンがリアル過ぎて、公開が1年延びたのは、理解でした。

ほか尾野真千子さんが農民役で出ていたが、恐らく撮影が朝ドラ「カーネーション」前だったのだろう。
勿体ない起用だと思いました(笑)

リンク:
映画『のぼうの城』オフィシャルサイト
映画『のぼうの城』野村萬斎&榮倉奈々 単独インタビュー - シネマトゥデイ
野村萬斎「のぼうの城」1年越しの公開に感無量 ド派手プレミアでいざ出陣!@映画.com