昨日の朝のラジオ番組で中村勘三郎さんの訃報が伝えられました。
昨年9月、大阪の道頓堀の松竹座と上六の新歌舞伎座で同時に歌舞伎の公演が上演されました。

大阪で同じ月、同時に歌舞伎の公演があるなんて珍しいのですが、経済的な問題があり、どちらに行こうか迷ったあげく、松竹座のほうにいったのだけども。

新歌舞伎座のほうは中村座の公演で勘三郎さんが出演しました。
落語『文七元結(ぶんしちもっとい)』がベースとなったお芝居もかけられ、勘三郎さんが主人公を演じましたが。行けばよかった。

あと『夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)』の舞台公演。どこかで放送してくれないかな。

舞台俳優の場合は、生の舞台が拝めないということで、もっともっと凄い役者さんになるとおもっていただけに、残念。

合掌。
中村勘三郎&鶴瓶

(画像は12月6日の日刊スポーツ。)