1月5日土曜日は、近鉄花園ラグビー場での全国高校ラグビー大会の準決勝へ。
20130105近鉄花園20130105対戦card


きゅうたさんが、正月旅行の途上に、花園に寄られ、知り合いのかたがたと観戦されると云うことで同席させてもらいました。

いつもはスコアボード下での観戦なので、当たり前ですが、試合は見易かったです(笑)

第一試合は、常翔学園×國學院久我山。
FB(フルバック)で起用された重一生選手の動きは超高校クラス。
自陣から相手ボールを奪うと、一気にカウンターアタック。ステップワークが超高校クラスだったな。
後半、重選手はSH(スクラムハーフ)に入って、相手ボールを奪っていました。
久我山は大型FWで圧力をかけるのが売りですが、それがまったく効いていませんでした。

予想外の大差で、常翔が決勝へ駒を進めました。

第二試合は、御所実×茗渓学園。御所の押すだけじゃない多彩な攻撃が見られました。
開始10分にモールを押し込んで先制すると、その数分後には、茗渓のキックの処理ミスを突いて、トライ。茗渓に1トライを返された後は、モールからワイドに展開。着実に加点し、リードを拡げました。
終わってみれば、48対17で御所が勝利。

7日月曜日の決勝は近畿勢同士のカードとなりました。


◆1月7日 近鉄花園ラグビー場

第一試合
國學院久我山(東京第1)0−57 常翔学園(大阪第1)
(前半0−26)
(後半0−31)
第二試合
御所実(奈良)48−17 茗渓学園(茨城)
(前半15−7)
(後半33−10)

リンク:MBS高校ラグビーサイト