22日付の日刊スポーツに清原和博氏のコラムが掲載。
今日23日のスワローズ戦でプロ入り初登板を果たすファイターズの大谷翔平投手について、打者と投手の所謂二刀流には手厳しい評価を下したものの、打者については「もし1年間、打者に専念していたら、オレがプロ1年間に残した成績を超すことができる。その可能性を秘めた選手」と高い評価を示してました。
画像1
清原氏は大谷投手が打者として、開幕直前からプロ投手の球に対応できる点を指摘。
パ・リーグで野茂英雄や伊良部秀輝(敬称略)など、本格派の一線級の投手と対戦してきた経験から、中途半端な二刀流よりは、打者としての可能性に期待していました。

以下、Amazonにリンクしています。
野球小僧 2012年 12月号 [雑誌]
野球小僧 2012年 12月号 [雑誌] [雑誌]

男道
男道 [単行本]
完本 清原和博 (文春文庫)
完本 清原和博 (文春文庫) [文庫]