5月26日(日)に東京都小平市で、市内に建設される都道計画の是非を問う住民投票が行われるそうです。
20130526小平市住民投票
都道として計画される道路は、四車線道路で途中、自然な残る雑木林を縦断する計画。
道路が建設されれば、雑木林は殆ど残らなくなるようだ。

武蔵野の自然が残る貴重な雑木林だろうが。

条例に基づく都内初の住民投票ですが、東京新聞によると、市内での認知度は高いとは言い難いという。

市は住民投票をしっかり告知すべきなんでしょうが、市自体は道路建設推進なほうなので、道路建設反対が推進を上回ってほしくない力が働いているのでしょう。

市長は投票率が50%を超えないと、開票しないと行っているようですが、さて?

リンク:
市民への周知が課題 小平市26日の住民投票@東京新聞
小平市で住民投票!|小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会

(2013.5.27 6:30追記)
5月26日に行われた住民投票ですが、投票率が35.1%と50%に満たなかったので、開票されないそうです。

リンク:
小平市住民投票:投票率35.17%で不成立 開票せず@毎日新聞