1月19日土曜日に東京・品川プリンスシネマにて「映画 立川談志」を観賞。
以下、ネタバレ含む。
映画 立川談志@品川PRINCE CINEMA品川PRINCE CINEMA
立川談志さんが亡くなって一年。
師の高座が「シネマ落語」として公開されることがわかり、上映館を探すも。
山梨は上映館がなく、東京か静岡か大阪に出向かなければならないことがわかり、丁度ラグビー観戦の為、東京に行くことを決めていたので、序でに観賞しようと思い立った次第。

山梨から東京はJRを使って、中央道「笹子トンネル」が崩落事故で通行止め(2013年1月現在)なのが痛い。

JRを経由して、品川に到着。
高輪口にある「品川プリンスシネマ」へ。

品川プリンスホテルの敷地内にあるシネコン。
高輪口から第一京浜を渡り、プリンスの敷地内の坂を上ると「プリンスシネマ」。
JR品川駅高輪口案内標識品川PRINCE CINEMA

最近できたのかな。
少なくとも私が東京に住んでいたときには無かった(笑)
品川PRINCE CINEMA-2


他のシネコンと違うのは、スタッフの制服がプリンスホテルと同じであるのと、売店で置いてるのがプリンスホテルのパンでした。
Prince Hotels Bread

パンは旨かった。
以前、千葉マリン行く前に幕張プリンスホテル(当時)でパンを買ってったことがあったけど、旨かったことを思い出しました。

土曜日午前の上映でしたが、2週目に入った所為か、観客はまばらでした。
座席はペアシートで広々でした。
広々座席


映画のほうは、談志さん口演の『やかん』『芝浜』にドキュメンタリーが加えられていました。

ドキュメンタリーのナレーションは柄本明さんで、談志さんが家族と一緒にすごしているシーンが映し出されていましたが、
お弟子さんがその他のかたに対しては毒を吐く談志さんが、家族に対しては、えらく優しい。
孫に対しては、ほんま「好々爺」ぶり見せてました(笑)

映画館でシネマ落語を観賞するのは初めてでしたが、自宅のテレビ画面で拝むよりは、映画館のスクリーンのほうが高座に集中できるなと思いました。

上映スケジュールは公式サイト等でご確認下さい。

以下はチラシです。
映画 立川談志 チラシ(表)映画 立川談志 チラシ(裏)



リンク:
スクリーンで観る高座 シネマ落語&ドキュメンタリー(「映画 立川談志」公式)
品川プリンスシネマ





(2013.6.25 22:30追記)
『映画 立川談志』のDVDが出ているようです。
以下、amazonにリンクしています。
映画 立川談志 ディレクターズ・カット 【DVD】
映画 立川談志 ディレクターズ・カット 【DVD】 [DVD]
映画 立川談志 ディレクターズ・カット 【Blu-ray】
映画 立川談志 ディレクターズ・カット 【Blu-ray】 [Blu-ray]

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。