今朝(7月14日)放送のABCラジオ「日曜落語なみはや亭」は六代目笑福亭松喬『首提灯』。
2004年10月、神戸・白鶴酒造資料館で行われた公開録音での収録。
噺の前半の『上燗屋』の部分での、酔っ払いのふざけ振りが秀逸。
クルマを運転しながら、声出して笑った。

何回も聴いている噺なのに、笑える。これぞ藝の力なんでしょうね。

噺の終盤の、泥棒の首が取れるところはラジオだとちょっと判りづらいかな。
そこだけ映像があったほうがと思いました。

当時の松喬さんの声にハリがあり、それが今とは違うのですが、間(ま)の取り方は今と替わりなく、逆に今は、枯れて力が抜けた感じになってそれがよくて。

かつての”力演”は望めないけど、枯れた感じの松喬さんの噺をこれからも聴きたいです。

リンク:2004年10月の日記帳 - 笑福亭松喬

以下、amazonにリンクしています。
六代目 笑福亭松喬 上方落語集 首提灯/道具屋
六代目 笑福亭松喬 上方落語集 首提灯/道具屋 [CD]


(2017.10.26 23:06追記)
タイトル文中の松喬さんに「六代目」を追記しました。