ロイターによると、原子力規制庁の金城慎司・東京電力福島第1原子力発電所事故対策室長は5日、「福島第1原発」の放射能汚染地下水について、同社が汚染水の流出を防ぐために設けた地中の遮水壁を上回った可能性があると述べ、「緊急時」との認識を示したという。

リンク:福島第1の汚染地下水、遮水壁上回った可能性高い=原子力規制庁|Reuters

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。