Panasonicがガンバ大阪のスポンサーを継続する話。
===
パナソニックの鍛治舎巧専務役員(61)が14日、来季J2に降格するG大阪のメーンスポンサーを今後も継続する方向性を示した。兵庫県内で取材に応じ「(J2でも)いろいろな地方に行くし、ローカルのテレビ局も放送してくれる」と、降格しても生じる広告価値について言及。十数億円と言われる出資については「まだ天皇杯もあるし、監督人事もある。すべて終わってから、どうするか検討したい」と話し、減額の含みも持たせた。業績が悪化している同社は男子バスケットボール部と女子バドミントン部を休部し、プロゴルファー石川遼との所属契約も満了。他のスポーツの支援について同専務役員は「野球、ラグビー、バレーボールについてはこれからも支援していくことに変わりない」と話した。
===
(以上、2012年12月15日の日刊スポーツより。)
Panasonicはガンバの支援を今後も続けるのやな。
企業イメージ損なうからといって「切って」もええのにな。
クラブ名に企業名が取れたことで、スポンサーの看板を背負ってる意識がないのかな。
エエ大人がアウェイで試合後長時間粘るって、当該クラブにどれほどの経済損失を蒙るか計算できてないのが痛い。

スポンサーはクラブの経済的な部分を支援しているなくてはならない存在。
ガンバは元々は松下のサッカー部(現在は70%出資)だから、みえないのだけども。手を引けば、路頭に迷うのは誰なのか、見えているのかと思いました。2004年や1988年のことを考えると、企業のサポートなんて永久やないんですよ。

因みに「長居陸上競技場」は大阪市のもちもので、場内全ての清掃が終わり、チェックが済むまでスタッフは帰れないそうです。つまりそのチェックが終わるまで、人件費と光熱費がかかります。居残られたら、またまったもんやない。

以下、amazonにリンクしています。