田辺寄席の会報「寄合酒」の最新号(2013年9月号)が火曜日に自宅に届きました。

今号は笑福亭松喬さんの特集。
絶品の松喬落語@田辺寄席ニュース「寄合酒」Vol.627
巻頭は筆頭弟子・笑福亭三喬さんによる弔辞。
続く第2面からは松喬さんと縁のあるかたがたによる松喬さんとの想い出、エピソード話が、何面も。
みなさんに愛されていたのかがよくわかる。

そして松喬一門座談会。
松喬一門座談会@田辺寄席ニュース「寄合酒」Vol.627



目一杯のボリューム。

どこかの新聞引用でなく。
#引用元が記載されてなかったので、
すべて独自取材・構成やったんですか。

そうだったら、力の入った企画だと思います。

田辺寄席会場のある阿倍野区隣りの天王寺区在住だった松喬さん。
田辺寄席にも縁がいろいろあったようですね。
会場には「笑福亭松喬」と書かれた提灯が吊られていますね。

これからは高いとこからお弟子さんたちの奮闘を見守っておられることでしょう。

…でも信じたくないのが正直なところ。
昨年12月の東京・内幸町ホールでの会、今年6月の繁昌亭での松喬一門会で、松喬さんのすっかり痩せた高座姿を拝見しましたが。
…それでも信じたくない。

巻頭には恰幅がよいときの姿の写真が使われた。
それでよいと思いました。

松喬さんで聴いてみたい噺があったなあ。
莨の火(たばこのひ)』とか。

今頃、あちらの高座でかけてはるかな。

おつかれさまでした。
上方落語のおもろい噺、いっぱい聴かせてもらって、ありがとうございました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今月の田辺寄席は21日、22日開催。
21日昼席は桂雀喜さん、21日夜席は桂三扇さん。
22日昼席は桂七福さんがそれぞれ2席受け持たれるようです。

会員更新をしなければならないのだが、行けるとすれば、22日の昼席くらい。

リンク:上方寄席の地域寄席_田辺寄席(公式サイト)

追伸
表題に誤りがありましたので、直しました。


以下、amazonにリンクしています。