中央自動車道(下り線)の長野県、岐阜県境にある「恵那山トンネル」の天井板撤去工事が完了したとの報道。
このトンネルは、この3月まで山梨から大阪や名古屋方面への移動時に利用していました。
トンネルは全長8kmほどあり、走っても走ってもトンネルの出口が遠かった印象です(笑)

このトンネルは全長8Kmあるので、もし「笹子トンネル」のように天井板が落下したら、走り抜けるなんて、あのインプレッサでも無理でしょう。

トンネルに入ると出口までほぼ直線。
トンネルの上は、問題のなった天井板、
2車線道路は車線変更禁止で、出口まで単調な運転が続きます。

睡眠時間が足りないときは大変でした。
眠気覚ましのドリンク剤を飲用してトンネルに臨みました。

夜になると長距離トラックは大量に走ってて、かつ追い越し車線を塞ぐ(低速で走る)トラックがいて、ひっかかると、トンネルの出口まで見通しの悪いまま走行を続けることになりました。

天井板に変わって入口にジェットファンが設けられたようで。
ジェットファンは日本メーカーでは限られたメーカーしかつくってないので、急な大量受注だと思います。
パナソニックは、がっちり儲けたことでしょう(笑)




リンク:
天井板の撤去完了 恵那山トンネル、きょう全通 − 岐阜新聞 Web
恵那山トンネル - Wikipedia
トンネル用 換気システム | 吹き抜けろ、風(ジェットファン) | イズム「ism」 | Panasonic