外出先からラジオ大阪「ドラマティック競馬」の中継を聴取。
実況は、元KBS京都の濱野圭司アナウンサー。
濱野さんはプロ野球のBs戦やタイガース戦の実況も担当しているが、オーソドックスながら、聴きやすいし巧い。MBSラジオの競馬実況はがなり立てる感じで映像がないラジオで聴きづらいんですが。

レースは一番人気のエピファネイア号が人気通りの優勝。
4角で二番手上がってエピファネイア号は直線に入りハナに立つと、後続馬を突き放しました。
雨が降って馬場が重かったこともありましたが、格の違いを見せつけた圧勝でした。
第74回菊花賞@京都競馬場



騎乗の福永祐一騎手は、牡馬クラシック(オークス、日本ダービー、菊花賞)初制覇とのこと。
牝馬のほうはシーザリオとかで優勝していますが。

エピファネイアはシーザリオの子供ですので、母子両方に乗ってクラシック制覇なんですね。

(画像はJRAの実況映像より。)

リンク:
JRAホームページ|データファイル|競走成績データ