2日土曜日の秩父宮でのラグビー観戦の帰り、羽田から大阪伊丹行きのJAL機内で、機内放送の「JAL名人会」を聴きました。

JALの機内放送「JAL名人会」では、毎月2席づつ、都内のホールで事前収録された落語の口演が放送されていて、以前はTBSラジオでも放送されていたように記憶しています。

今月は笑福亭三喬さんの『まんじゅうこわい』と桂歌春さんの『鮑のし』の二席を放送。
201311JAL名人会「まんじゅうこわい」笑福亭三喬


(上記画像は、JAL機内誌SKYWARDより。)

その中の三喬さんの高座を途中から聴きました。

音質は良く、臨場感たっぷり。

三喬さんの十八番ともいえる噺。
間が完璧。

饅頭の銘柄を丁寧に語る所で、東京でのホールの会やのに「551の豚まん」を入れても、ウケる。

CD化してほしいと思うくらいの高座でした。

空の上で、最高の一席が聴けました。

帰宅後、ネットで情報を集めてみると、この収録があったのは「2013年7月30日」の夜。

総領弟子として師匠松喬さんの報せ(しらせ)を聴いてからの高座だったか、と。


東京からの帰路を、新幹線、或いはANAにしてたら、聴けなかった高座。

最高の一席が聴けたことに感謝。

「JAL名人会」は月例で内幸町ホールで開かれているようですね。
入場料1000円は会の目的がJAL機内放送収録メインだから、料金をサービスしているのでしょうね。

リンク:
噺の話 JAL名人会 内幸町ホール 7月30日 三喬の熱演に感謝・・・・・・。(個人ブログ)
JAL名人会 | 株式会社JALブランドコミュニケーション(公演案内)

(2015.5.26 6:03追記)
「噺の噺」管理人のかたから、ブログ引越に伴う記事URL変更について、ご連絡を頂戴しましたので、上記リンクのURLを貼り替えました。