BK(NHK大阪)制作の朝ドラ「ごちそうさん」の登場人物で、山崎豊子さん小説が原作をドラマを妄想してみたという呟きがTwitterにありました。
ごちそうさんメンバーで山崎豊子ドラマを妄想

今年亡くなった山崎豊子さんの小説は「華麗なる一族」「沈まぬ太陽」「不毛地帯」など社会性高い作品が多いですが、初期の頃は大阪を題材にしたものが多い。
それらを原作にしたドラマに今の「ごちそうさん」メンバーがしっくりきます。

そして、もちろん脚本は森下佳子さんで(微笑)




東出昌大さんは大阪弁は努力賞もの。
雰囲気は完璧。上方喜劇に嵌っています。






「和枝さん」のキムラ緑子さんの演技が秀逸だった。「ごちそうさん」前半のMVPものだったと思います。






NHK大阪のかたがた、ドラマ化如何でしょう?(笑)

リンク:ごちそうさんメンバーで山崎豊子ドラマを妄想 #ごちそうさん | まとめノート

以下、amazonにリンクしています。