「泉北高速鉄道」を運営する大阪府都市開発(OTK)の株式を米投資ファンド「ローンスター」に売却する案が16日、大阪府議会本会議で否決されました。
クマさん電車@泉北高速鉄道

議会の過半数を占める「大阪維新の会」を賛成の方針でしたが、4人が反対に回り、過半数割れしたとのこと。
南海高野線・泉北高速鉄道路線図

上図の通り、泉北高速は運行される列車のほとんどを南海高野線に乗り入れ、なんばまで直通運転を行っている。
売却案では、南海電鉄が提示した買収額は、ローンスターより低かったが、南海が買うと、運賃が安くなる。
高額の運賃を強いられてきた泉北高速の利用者にとっては、運賃が安くなるほうを支持したくなるのは当然。その「民意」が反映されたということでしょう。



(2013.12.17 13:25追記)
誤記を直しました。