以前、京阪電車を通勤利用していたとき、幾度もドアに「ラッシュ用ドア」とかかれた車両に乗ったことがあります。
京阪電車のラッシュ用ドア


それは「5000系」という可動用の専用車両で通常の閑散時は片側3扉で運用。通勤時は片側5扉に増やしています。

扉の多い車両は首都圏のJRにもみられるが、京阪は40年以上前の1970年ごろ、門真の松下電器(今のパナソニック)への通勤対策用として開発されたというから、それらの元祖といえます。

ラッシュ時は扉として使用するが、通常は閉めきり、扉の前には座席が設置されています。

その座席はラッシュ時には、どこにあるのかいうと、扉の上。

ラッシュ時が終わると、乗務員室のボタン操作で、扉の上の座席が降りてくる仕組みになっているようです。

その座席が上から降りてくる場面に出くわしたことはないが、ドアの両端には座席昇降用のレールが設置されているので、それを使っている。降りてくるのが想像できます。

一遍、生で見てみたい物(笑)



(上記動画では、1:30程から座席が降りてくる場面が拝めます)

参考リンク:
京阪電車の電気イス:ホテル&トラベルジャーナル:So-netブログ
京阪電気鉄道株式会社

以下、amazonにリンクしています。