きょうの昼飯は久しぶりに即席の袋入り麺を調理。
ハウス食品の「好きやねん」を。
好きやねん@ハウス食品

ハウス食品が近畿、中四国を含めた西日本地域を販売エリアにしている商品。
九州を中心に「うまかっちゃん」という名で売っている即席麺と同系列。

かつては東日本で「うまいっしょ」という即席麺も販売されていたが、現在は販売されてないようだ。
ハウスの即席麺は近畿以西でしか販売されてないようで。

麺は所謂ちぢみ麺で「うまかっちゃん」と一緒やけど、スープがチキンと鰹出汁が利いた粉末ものに、別添えで、調味油もついていた、
粉末に、調味油も加えることで、まろやかさが出て、「浪花の中華そば」のタイトル通り、昔ながらの中華そばの味わいに。

因みに大阪ラーメンの定義はとくになかったと思います。
今は「ブラックラーメン」が流行っているようですが。

今から10年ほど前にマイナーチェンジし、スープは粉末だけに。
ちょっとしたコストダウン策なのかと思いましたが、粉末だけだと、まろやかさより、鰹出汁が強調され、あっさりとした醤油味になってました。

具は豚バラを細かくしたものに、キャベツとネギを添えました。
好きやねんを調理麺は


「好きやねん」は以前、味噌味、塩味も出ていたようですが、今は元の醤油味のみ販売されているようです。

リンク:好きやねん|商品カタログ|ハウス食品


「好きやねん」といえば、桂南光(当時・桂べかこ)さん出演のCMですな。


以下、amazonにリンクしています。