朝日新聞によると、鈴木宗男元衆議院議員の汚職事件の公判で、東京地検の検事が証言を前にした複数の贈賄側業者に多数の問答をあらかじめ記した「尋問メモ」を渡していたことがわかったという。

検察による「冤罪の作り方」の一例ともいえる。


以下は、ホリエモン(堀江貴文氏)と鈴木宗男氏の対談。


リンク:【冤罪を許すな】「日本を守ろうとした人が捕まり、売ろうとしている人間がのうのうとしている」 - BLOGOS


以下、amazonにリンクしています。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。