阪神電車の神戸のターミナルである三宮駅が近鉄電車の乗り入れを機に大改造。
見違えるほど様変わりしました。
そごう神戸店@阪神電車三宮駅阪神三宮駅花時計

元々東西方向別だったホームに加え、西行き(姫路方面)ホーム側に三宮折り返し線があったのですが、今回、折り返し線と、姫路方面行き(西行き)を入れ替える大改造。

折り返し線を方向別ホームの間に入れることにより、改札階に上がることなく移動を容易にした設計。
阪神三宮駅折り返し線

さらに、駅東側のミント神戸(神戸新聞会館)側に改札を新設。
乗り入れる近鉄の長い車両編成に対応できるよう、ホームを長くしたようです。

加えてホームと改札階を美装化し、かつてと較べて、別の駅かと思うほど。
阪神三宮駅西改札前阪神三宮駅西改札


ホームはレトロな雰囲気に。
改装前からのドーム屋根は残してました。
大阪行きホーム大阪行きホーム-2大阪梅田行き直通特急


この三宮駅の大改造工事の際に、三宮駅が開通した当時のコンクリートが切り出されたそうですが、昭和8年当時に出来たコンクリートは全然劣化がみられなかったそうな。
コンクリートは100年もつとは効いていましたが、それは本当だったんですね。
1995年阪神大震災の際、阪神三宮駅や直結する地下街「さんちか」は大きな損傷がなかったようで。

近鉄乗り入れにより、大阪より東方への乗客に対して、阪神の神戸でのターミナルであること意識付けさせる狙いなのかな。

(以上、画像は今年1月撮影。)

因みにこの4月から、阪神と阪急の三宮駅の駅名が「神戸三宮駅」に改称。
駅ホームや一部の駅名標が「神戸三宮」に変わっていました。
阪神電車神戸三宮駅阪神電車神戸三宮駅


(以上、画像は今年4月撮影。)


リンク:神戸三宮駅|路線図・駅情報|阪神電車