1月24日金曜日は、谷六(谷町六丁目)薬業年金会館での笑福亭仁智さんの会へ。
笑いのタニマチ
演目は。

『青い瞳をした会長さん』(桂三枝・作)桂三語
『浅田課長の四日間』笑福亭仁智
『平成宗論』林家花丸
『(新作ネタおろし)』笑福亭仁智

開口は桂三語さん。
師匠の文枝さんが創作した『青い瞳をした会長さん』。聴きやすかった。
マクラでは自身のプロフィールを大学までサッカーをやってたという。
調べたら、大産大らしい。

続いて、仁智さん。
会場が暑いことをを気にされてた。
『浅田係長の四日間』は初めて聴く噺。ショートコント仕立てで軽快に進む。
NGKでも繁昌亭でも行けるように、噺の尺が伸縮自在にできるよう。

ゲストの林家花丸さんは、大好きな宝塚歌劇の話題を。
(性懲りも無く(をい))今年もタカラヅカの仮装落語会をやるそうです。だんだんエスカレートしてきそうな。そのうち繁昌亭でなく、バウホールくらい借りてやるんじゃないかな(それは洒落ならんか(笑)
噺は『平成宗論』。キリスト教にかぶれている息子が男役キャラでした。

仁智さんの2席目は、おとぎ話のヒロイン達が同窓会をして盛り上がるという。
話の練り次第で面白くなりそうな。

ただ、前に仁智さんが触れられたけど、会場内は暑く、話に集中できなかったのが辛かった。
落語は生ものなんですな。


リンク:笑いのタニマチ
http://tanimachi2011.blog91.fc2.com/