2月27日木曜日は、昨年亡くなった朝日放送プロデューサー市川寿憲(いちかわ・としのり)さん追善の落語会「たまさか落語会」へ。
仕事が捌ききれず、午後6時半の開演に遅刻。
開演しばらくは三代澤アナウンサーの挨拶で落語がはじまってなくてよかった。

座席は前から2列目。吉の丞さんの落語を最後列で聴いてから座席へ。
思い切り「かぶり席」で緊張した(笑)

演目は。

開会の挨拶 三代澤康司(朝日放送アナウンサー)
胴斬り』桂吉の丞
阿弥陀池』桂南天
近江八景』笑福亭三喬
堀川』月亭八方
(仲入り)
市川寿憲紹介VTR放映
座談会 桂ざこば、月亭八方、桂米團治、桂吉の丞 司会:三代澤康司
閉会挨拶 三代澤康司、伊藤史蓮閉日放送アナウンサー)

落語は4席。
後日放送される「日曜落語なみはや亭」の収録を兼ねているので、感想は控えます。

仲入り明けて、市川さんの紹介VTR。
市川さんのお別れの会でも放映されたようだ。

その後座談会。
市川さんが生前、落語に限らず、上方芸能に見識が広くかつ深かったのですが、それがよくわかりました。80歳代の人間国宝米朝さんと同年齢だと思うほどの見識。
実年齢は50歳代で、幼い頃からの観賞経験を蓄積したようで。

キャリアが上のざこばさんの落語の稽古にアドバイスしたり、八方さんに「玄人お断り」と自身の落語会への来場を断られたりと。

美食でもあったようで。あの体格はグルメだからだったのか。
グルメが過ぎての早世だったか。

本当に惜しい人でした。
改めてご冥福をお祈り致します。
市川寿憲追善「たまさか落語会」@ABCホール