朝日新聞によると、上方落語の人間国宝、桂米朝さんの夫人である中川絹子さんが亡くなったそうです。
88歳。
中川さんは40年、当時の「大阪松竹少女歌劇団」(現・OSK日本歌劇団)に入団し、「駒ひかる」の芸名で活躍。1958年に桂米朝さん(本名:中川清)と結婚し、3人の息子を育て、米朝さんと米朝一門を支えたという。

子息である桂米團治さんにはどこか華のある雰囲気があるのですが、それはお母様譲りだったのでしょうね。

ご冥福をお祈り致します。


参考リンク:
中川絹子さん死去 落語家・桂米朝さんの妻@朝日新聞
ちどりん日記〜OSKが好きなのだ〜:「なにわ華がたり」

以下、amazonにリンクしています。