8月11日日曜日は、京都・南座で「OSK日本歌劇団レビュー in Kyoto」の千秋楽を観賞。
20130811OSK日本歌劇団レビュー in Kyoto-120130811OSK日本歌劇団レビュー in Kyoto-2
OSKの南座での公演は2年ぶり。
前回と同じく3階席だが、最前列の脇のほうで。

外は蒸し蒸し暑い京の街ですが、中に入り公演が始まると、蒸し暑さ吹っ飛ぶ爽快感でした。

第一部は『Love Traveler〜幻の蝶を追って〜』。
ダンスショーの中に、何組の男女が世界中の街を旅する軽い筋が。
「桐生麻耶」の使い方が、もったいないというか、あの手の役も出来るのかと。芝居も達者ですな。

第二部は『レビューアドベンチャー「ネクステージ〜夢を叶えるSong&Dance〜』。
ダンス、ダンス、ダンスのOSKがたっぷり。
しかもパントマイムが伝統ある南座で拝めるとは。
それを披露した「真麻里都」が洗練。ブレなし。しっかりトレーニングを積んだのだろうなあ。

各シーンとも素晴らしく最後まで愉しめました。

20130811OSK南座-3


(演者は敬称略で。)