9月21日土曜日は、まず大丸心斎橋劇場でのOSK日本歌劇団の公演『L’Arc-en-Ciel(ラルクアンシェル)〜虹色のパリ〜』へ。
20130921OSK大丸心斎橋劇場-1
土曜日の昼の部の公演のチケットを入手。

この会場は落語会では何度か訪れていますが、OSK公演では初めてでした。

席はほぼ最後列。
20130921OSK大丸心斎橋劇場-2


2部とも洋舞レビュー。メリハリのある構成に。
一部の『L’Arc-en-Ciel(ラルクアンシェル)〜虹色のパリ〜』は虹とパリがモチーフに。
「牧名ことり」には魅せられました。

二部の『Dispersion(ディスパージョン)〜煌めきの瞬間〜』は、一部とは違って、多彩な踊りを前面に。
「桐生麻耶(きりゅう・あさや)」のリフトが見事だった。

300席ほどの空間での濃密な2時間でした。

大きな劇場とは違い、踊り子さんをより身近に感じ。堪能できました。