2日土曜日は札幌行きのPeach(ピーチ・アビエーション)に乗るために関空(関西空港)へ。
Peach専用となっている関空第二ターミナルを初めて利用。
関空第二ターミナル構内

関空第二ターミナルは、JRまたは南海電車の「関西空港駅」から無料のシャトルバスで辿れる。
関西空港駅

駅改札を出ると右へ。
(左へ行くと、第1ターミナル)
改札出ると右へ

陸橋を渡り、エアロプラザへ。
そのまま直進

入ってすぐ左を進み、自動ドアの中へ。
左へ左へ-2

土産物売場を抜けると、再び外に出る。
また外へ

地上に繋がる下りエスカレータの先が。
下りエスカレータを降りる


無料のシャトルバス乗り場。
連絡Bus乗り場に到着

南海バスが運行を委託されているようだ。
連絡Busは南海Bus運行

数分ほどで関空第二ターミナルへ。
バスの運行間隔も含めると、20分ほどで到着。

第二ターミナルは第一ターミナルと較べ、簡素な造り。
関空第二ターミナル構内国際線搭乗手続き国内線出発保安検査場

できるだけコスト抑えてはいるが、快適度は思ったほど悪くない。

トイレは新しいし。

銀行ATMもある。
銀行ATM

保安検査前のエリアには免税店にレストラン(「銀座ライオン」があった)にセブンイレブンも。
免税店

LCCを電車間隔で乗っている人にとっては、これで十分じゃないかと思った。

保安検査内には搭乗口までの間に、軽食程度ができるレストランと土産物や書籍、雑誌が買える売店がある。
保安エリア内レストラン保安エリア内売店


飛行機内ではタブレット端末など情報機器の使用に制限があるので、雑誌や文庫本があったほうがいいと思うので、書籍が売っているのは有り難い。
肩の凝らないものがちょうどいいけども。

保安エリア内には電源コンセントが設けられたテーブルもあって、充電可能(笑)

ただ、搭乗口(1箇所しかないので、迷わない(笑))から滑走路や搭乗機が拝めないのは残念。
搭乗口から外見えない


イザ搭乗。
搭乗口は1箇所

搭乗口にいつものレシートを翳し、通路を出ると、外に出るのだが。
この日の関空は雨で、タラップまで露天を歩く必要がある。
Peach

Peachは傘を貸し出してくれました。
もちろんピーチ色の(笑)

因みにPeachの搭乗は後列の窓側を優先してくれます。
2年前に乗ってから改善されたようです。
通路側の乗客が先に入られると、一旦席を空けてもらわないと窓側の席に入れないからです。

これから新千歳まで空の旅へ。
Peach-2


リンク:
KIX第2ターミナルビル
【公式】Peach|日本初の本格的LCC
【ビジネスの裏側】どこまでショボい? 関空LCC専用ターミナルは“格差社会”の象徴なのか - MSN産経west

以下、amazonにリンクしています。