LCC(格安航空)の「バニラ・エア(Vanilla Air)」に搭乗しました。
vanilla airvanilla air
元々3日に東京で予定があり、2日は札幌に泊まって、3日午前に東京に移動しようと考えていたのですが、2日は札幌だけでなく、小樽、千歳など、カプセルホテルまでホテルが満室だったので、2日の最終便で東京に移動しようと予定を変更。

20時30分にLCCの「バニラ・エア」が成田行きの最終便を出していることが解り、即予約を入れました。
22時過ぎには成田空港に到着するから22時半過ぎの上野行きスカイライナーに間に合うだろうと算段。

「バニア・エア」とは聞き慣れない名前で、元はエアアジアだったようで。
関西に乗り入れてないので、印象が薄い。

新千歳空港駅からは「Vanilla Air」のロゴ標識を見て、チェックインカウンターへ。
新千歳空港駅からの案内

全日空系列のLCCなので、新千歳では全日空のチェックインカウンターの橋にバニラのチェックインカウンターがありました。
check in counter-1

ピーチと違うところは、チェックインが有人のみ。
自動チェックイン機が設置されていませんでした。
check in counter-2

並ばされました。

そして搭乗はピーチの関空行き最終便と並びの搭乗口だったのですが。
搭乗口

ピーチは後列窓側からの搭乗を呼びかけていたのにたし、
バニラは後列だけ。しかも声をかけるだけ。

円安の影響からかアジア系外国人観光客が多数乗ってきているので、言葉解らなくても視認できる標識とかで乗客の誘導が解りやすくできないのかと思いました。
改善願いたいです。

成田まで1時間半の道程なので、機内食を頼みました。
機内食メニュー-1機内食メニュー-2機内食メニュー-3

バニラ・エアのマークの焼き印が入ったクリームパン(250円)と、バニラフレーバーのドリップ珈琲(200円)を注文しました。
cream pan and coffee

クリームパンは普通のカスタードクリームパンでした。
cream pan and coffee-2
ドリップ珈琲から発するバニラの香りがきつかったです。

窓側の座席だったので、CAから熱い汁物を頂戴するときは、慎重にしましたが…。

他、成田到着後の京成スカイライナー割引乗車券を販売していました。
現金払いだけで、京成の印が入ったバニラのレシートを京成の駅カウンターの持参すれば、乗車券引き換えてくれるというものでした。

成田に到着後は5分以上空港内をうろうろ後、バニラの降り口に到着。タラップで降りた後、そこからリムジンバスで空港ターミナルに向かいました。
リムジンバスは空港構内の走行用で、車両の幅が広いものでした。

空港のターミナルに到着後、京成の空港第2ビル駅へ。飛行機が着陸してから、京成の駅までは15分もかかりませんでした。
切符の引取も待たされることはありませんでした。

因みにJRの成田エクスプレスは最終列車は発車した後でした。
LCCに対応していないですな。

リンク:バニラ・エア(Vanilla Air)



以下、amazonにリンクしています。