成田空港からは、京成電鉄の特急「スカイライナー」で都内へ。
京成スカイライナー
京成は元々の京成本線でスカイライナーを走らせていたと思いますが、北総線という地元の第3セクターの線路を経由すると、上野まで40分足らずに短縮。
案内図

遠い遠いイメージがあったのですが。

ただその3セクを通過するため、特急料金含め2,470円。
時間距離は南海ラピートと変わらんけど、料金は倍ですな。

搭乗したバニラ・エアでは成田からのスカイライナーの割引切符を売ってて、それを買いました。
バニラ・エア機内で決済(現金のみ)して、料金は上野まで2,200円。
#通常で買うより、270円も安いので、それを買いました。

バニラ・エアで決済したときも貰うレシート(京成の印が入っている)を京成の駅窓口に持参すると切符に引き換えてくれる仕組み。
Skyliner value ticket

成田空港のターミナルに到着後、京成の空港第2ビル駅へ。飛行機が着陸してから、京成の駅までは15分もかかりませんでした。

空港第2ビル駅は路線ごとに色分けされていて、JR東日本は赤、京成は青が基調な配色でした。
空港第2ビル駅

JR東日本のコーポレートカラーは緑だったと思いますが、特急列車の色に合わせているのでしょうか?

京成の窓口でレシートから切符の引き換え。
スカイライナー切符

待たされることはありませんでした。

京成の改札をパスすると、1番線へ移動。
スカイライナーは1番線へスカイライナーは1番線へ-2


特急を待つホームは多くの客でごった返していました。

しばらくすると、特急が到着し、乗車。
入口近くに大きなラゲージを置くスペースがあり、それは南海ラピートと同じ。

座席のテーブルは大きめで、前の座席の下にACコンセントがありました。
車内の机

パソコンやスマートフォンの充電に使えました。

空港第2ビル駅を出ると暫く地下線内を走りますが、その区間は携帯電話の電波が届きません。

初めての成田空港とスカイライナーでしたが。

走っている地域への土地勘がなくて、どこへん走っているか皆目見当が付かなかったのですが、今はスマホのGPS機能を使って地図を動かしたので、どのへん走っているか判りました。
便利な世の中になったものです。

車内は快適でした。
内装は特筆するものはありませんでしたが、スマホの充電ができるACコンセントがあるのは大きいのと。
スカイライナー車内


途中「日暮里(にっぽり)」で大量の乗客が降り、再び地下線へ。終点の京成上野に着きました。
スカイライナー上野行き

かつて東京には3年住んでいましたが、京成上野という駅はこれまで利用したことがありませんでした。
上野公園の地下にある駅のようでした。
京成上野駅


リンク:スカイライナー成田空港アクセス | 京成電鉄

以下、amazonにリンクしています。