8月3日日曜日に、東京・新橋演舞場でおこなわれたOSK日本歌劇団「レビュー夏のおどり」の千秋楽と、この公演で退団するトップ「桜花昇ぼる(おうか・のぼる)」のサヨナラショーを鑑賞。
新橋演舞場新橋演舞場-2OSK日本歌劇団「レビュー夏のおどり」@新橋演舞場POSTER
「新橋演舞場」は初めて訪れる劇場。
新橋演舞場場内三階席から

「歌舞伎座」は東京在住時から幕見で何度も行っているが、「新橋演舞場」での公演自体があまり興味(縁)がないものばかりだったこともあり。

今回、サヨナラショーがなければ、足運んでなかったと思う。
サヨナラショー案内

OSKは新橋演舞場での初公演を記者会見から強調してた。
松竹のバックアップもあるんだろう。
近鉄がサポートしていた時代が長かったが、元々は松竹の劇団。
90年続いてきたOSKを強力なソフトにしたいという思いがあるんだろうな。

それはこの弁当が販売されていることからも。
OSK特製弁当

ブロマイド付き特製弁当は松竹座では見たことなかったです(笑)


感想は、態々東京まで観に来てよかったです。

演目は大阪松竹座と同じですが、演出を器の大きい新橋演舞場に合わせてあって、それに演者が応えて演じきっている。
それも、きっちり練られてて、スケールアップした感。
感動しました。

歌詞の中にあった大阪の地名は、多少新橋の観客に解るように替えてあったが、大阪の色、匂い、空気は十分新橋の観客に伝わったんじゃないでしょうか。

一部は和物(プラス大阪もん(笑))で二部は洋舞レビュー。
番組


二部は、酷暑の東京の暑さを吹っ飛ばす爽快レビューでした。

「オ・ソレイユ」は退団する桜花さんへの餞(はなむけ)もあるんだろうけど、今のOSKにも合っている。
歌詞もメロディもいい。ヘビロテになりそう。
定番にもしてもいいと思う(微笑)

「ラインダンス」がきっちり決まったときの客席からの拍手喝采に、そないOSKをきっちり観た訳でないが、感極まるものが(もらい泣きに近い…)

ラストは大階段。
大きな羽根を背負って降りてきたトップ。

千秋楽の洋舞レビューでのトップは、「オ・ソレイユ」の名の通り、太陽の輝きでした。

アンコールでは『桜咲く国』をパラソル廻しながら歌われ、緞帳。

サヨナラショーは暫く準備の時間が設けられ、そしてスタート。

サヨナラショーの演目は失念な演目があり、一部はファンのかたのブログを参考にまとめています。

まず黒燕尾で登場の桜花さん。
次の3曲を歌う。

『悲しき願い』
瑠璃色の地球
『輪舞』

3曲いずれも巧い。
とくに2曲目の『瑠璃色の地球』は、力まず、熱唱でなく、諄くないのが…。

3曲の後、桜花さんが消え、スクリーンが降りてきて、ビデオ放映。

題は『桜花昇ぼる Memory of OSK 歌劇に魅せられて』

・OSK日本歌劇学校時代から、近鉄が親会社だったころの公演の写真。
・1997年初主演『ヘンゼルとグレーテル』@あやめ池(チャーミングな桜花さん)
・2003年近鉄最終公演『エンドレスドリーム』@近鉄劇場
・2004年大阪松竹座『春のおどり』での口上(66年振りの松竹座公演。桜花さんは裃姿でした)
・2008年トップ披露
・90周年記念公演。
etc。

スクリーンでのビデオ放映が終わると、黒燕尾の桜花さんに、団員が揃って登場。
『桜へ』
そして劇団員のかたがたが入る形で
『Let me Try Again』
が歌われ、緞帳が下りました。

その後、アンコールは3回ありました。
OSKトップの重責への労いを込めての拍手が鳴り止みませんでした。


午後7時前に終演。
帰りの新幹線があったので、3階席最後列からダッシュで新橋演舞場を出て、東京駅に急ぎました。

リンク:
OSK日本歌劇団

以下、参考にさせていただきました。
ちどりん日記〜OSKが好きなのだ〜:OSK新橋演舞場公演「レビュー夏のおどり」千秋楽
桜花昇ぼる 新橋演舞場 サヨナラショー|杏の感想文

追伸
別スレッドで頂戴してた、みのさんのコメントを此方のコメント欄に移して、公開しました。
事後承諾。ご了解を。