日本一の高層ビル「あべのハルカス」(近鉄阿部野橋ターミナルビル)の展望台「ハルカス300」に上ってきました。
ハルカス300

元々ある行事で夜のハルカス展望台に上ったのですが、カメラを持参していなく、写真が取れなかったことから再訪しようと思い立った次第。
あべのハルカス

8月23日の午後、空が晴れて澄んできたのでハルカスへ直行。
ハルカス展望台当日券売場


ハルカス2階の当日券売場は土曜日の午後ということもあり、30分待ちでした。

当日券は一般大人は1500円。
近鉄グループKIPSカード所持者は優待でなく、KIPSポイントで。
消費税抜き額の1%なので、13ポイントしか付きませんが。

当日券を購入したら、歩道橋伝いに進み阿倍野筋方面に曲がった直ぐに、16階行き直行エレベータの乗り場。
ハルカスシャトル乗り場案内ハルカスシャトル乗り場案内-2ハルカスシャトル乗り場

それに乗って16階へ。

ここでハルカス展望台(ハルカス300)に直行するエレベータ乗り場に。
ハルカス300への昇降機乗り場
当日券の客と団体客、日時指定前売り客とで別々に並ばされます。
団体客と日時指定が優先されます。

日時指定は当日券よりプラス500円なようです。
当日券を買うために並ぶのと500円払うのとどちらが…なんでしょうね。

16階からも結構な眺め。
16階から東の眺め

ガラスの窓から見える斜(ハス)に組まれている筋交いは「アウトリガー」といって免震構造の為のもの。
免震構造

縦の骨組みに対しての「節」の役割を果たしていて、全体の変形を抑えるのだそうです。

因みに「あべのハルカス」のタワーの設計は、竹中工務店。
所謂TAKENAKA WORKSの一つです。

チケットはQRコードで入場管理。
60階展望台に直行するエレベータの乗り場に、改札機にQRコードを読み取らせるのはLCCの搭乗と同じです。

60階に繋がるエレベータ。
扉側の液晶表示は階数でなく通過した地上高さを表示していました。
昇降機内の高さ表示

展望台に到着。
展望台



通天閣だけでなく天王寺駅やあべのキューズモールやアポロビルは完全に見下ろす位置です。

展望台をぐるりと一周(実際歩いたのとは逆方向)。
ハルカス展望台から北西方向ハルカス展望台から北方面ハルカス展望台から北東方向

ハルカス展望台から東方向ハルカス展望台から南東方向ハルカス展望台から南方向(長居公園方面)

ハルカス展望台から南西方向ハルカス展望台から西方向


新世界と通天閣。
ハルカス展望台から新世界通天閣

四天王寺。
ハルカス展望台から四天王寺

大阪城天守閣。
ハルカス展望台から大阪城天守閣

千里万博公園と太陽の塔(塔はてっぺんだけですが)。
ハルカス展望台から万博公園太陽の塔

生駒山上(因みに生駒山の標高と東京スカイツリーの高さは同じなようです)。
ハルカス展望台から生駒山上

近鉄花園ラグビー場(かなりトリミングしています。)
ハルカス展望台から近鉄花園Rugby場

富田林のPL大平和祈念塔。
ハルカス展望台からPL大平和祈念塔

長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)。
ハルカス展望台から長居陸上競技場

桃ヶ池公園。
ハルカス展望台から「桃ヶ池公園」

関西国際空港。
ハルカス展望台から関西国際空港

南港ATCと大阪湾の向こうに「神戸空港」「明石海峡大橋」。
南港ATCの向こうに明石海峡大橋


展望台のガラス面から下が透けて見えます。
展望台から透けて見える


展望台の内側は回廊形式。
ハルカス60階回廊回廊の中は露天の広場


展望台から回廊越しにトイメンの景色が。
展望台の北側より回廊越しに阿倍野墓地方面を。
回廊越しに阿倍野墓地を望む


この回廊が日が暮れてくると…。(以下は別の日に撮影。)
日暮れ時の回廊

ライトアップ。

遠くからこのライトアップがよくわかります。

大阪湾方向の夕景。
ハルカス展望台から西方向(夕景)

ガラス越しに。
硝子越しの夜景


ハルカスから東方向の夜景。生野区界隈は碁盤の目な区画だったのかと解ります。
ハルカス展望台から東方向(夜景)


天王寺駅や阿部野橋駅を見下ろす。考えられないことです。
天王寺駅を見下ろす


この位置はかつてアベノ近鉄の屋上ビアガーデンがあって、ハルカス建設の為の無くなったのは残念ですが。
この景色は一見の価値があると思います。
空と空気が晴れている日をねらわんとアカンですが。


リンク:
ハルカス300(展望台)|あべのハルカス
地震に備える - あべのハルカス|竹中工務店


以下、amazonにリンクしています。