プロ野球ホークス元捕手の香川伸行(かがわ・のぶゆき)さんが26日、心筋梗塞のため、福岡県内の病院で亡くなったそうです。52歳とは若い。
香川伸行(ドカベン香川)
香川さんは、大阪の浪商高(現・大体大浪商高)時代に牛島和彦さん(元ドラゴンズ、オリオンズ)とバッテリーを組み、甲子園では3年春に準優勝、夏はベスト4。3試合連続本塁打で注目を集めました。
浪商時代の香川さんは、ずんぐりした体型から、水島新司さんの野球漫画「ドカベン」の愛称で親しまれました・
その後、ドラフト2位で1980年に南海ホークスに入団。1989年に引退。

あの体型。内臓に負担がかかるのではないかと思っていたのですが、腎臓を患い、一日数回の人工透析を受けなければならなかったようです。

ご冥福をお祈り致します。


参考リンク:
香川伸行さん死去:甲子園のヒーロー 太め、豪快なスイング@毎日新聞
「香川真司」と「ドカベン香川」@MASARUのブログ(過去記事)

以下、amazonにリンクしています。