10月26日日曜日は、京都競馬場でのG1レース「第75回菊花賞」を観戦。
第75回菊花賞@京都競馬場
三冠クラシックの最終戦「菊花賞」。
かつては10万人近く集めたレースですが、この日は4万人台。
スタンド前も空いている印象。
京都競馬場コース(左)京都競馬場コース(右)


競馬人気が落ちてきているのだろう。

以前と比べ競馬の馬券は買いやすくなった。
簡単な登録で、スマートフォンからでも投票できるようになり、レースもCS放送で愉しめるようになったが、競馬の本当の醍醐味を知らずに飽きられてしまうのも多いかな。

その醍醐味は。

美しい芝の上で。
美しいターフ

行われる人馬一体のレース。
美しいターフ-2

それを目の前で展開される。

そして速い馬は美しい。
それが自分が応援している馬ならもっと(笑)


などと考えてるうちにレースの時間が。

菊花賞は3000m。コースを一周半。
スタンドから見て、トラックの向こう正面の真ん中にゲートが。

生演奏のファンファーレの後、出走馬がゲートに収まりスタート。
スタート


ゲートは可動式で馬がスタートすると、コースから撤去される。

一周目の坂

一周目の坂。
3コーナーに設けられた坂を下りてくる。
見た目は緩やかだが、加速している馬上からだと急坂だろう。

正面を通過して2周目。

3コーナーの坂から加速してくる。
2周目の坂


駆け引きの中、坂を下って正面へ。

ここから優勝した「トーホージャッカル」号(2番)が一気の差し。
2番トーホージャッカルの一気の差し2番トーホージャッカルの一気の差し-2


速かったな。期待していた馬を尻目に(汗)一気にトップへ。
トーホウジャッカル速かったトーホウジャッカル速かった-2

コースレコードを記録。
トーホウシジャッカル速かった-3


やっぱり、速い馬は美しい。


リンク:レース結果@JRAホームページ