秩父宮でのラグビー観戦を終えた後は、横浜・日ノ出町にある中華料理「第一亭」へ。
ホルモン中華料理「第一亭」(横浜・日ノ出町)
ここは、以前テレビ番組「孤独のグルメ」で取り上げられたことがありました。
そのとき、紹介された豚肉ホルモンの料理に、裏メニューである大蒜たっぷりの麺が気になってて、今回訪れた次第。

京急を横浜駅から2駅、久里浜方面へ。「日ノ出町」で降り、スクランブル交差点を渡ってすぐの場所。

如何にも下町中華料理屋さんの外観。
店内もそうだった。

午後5時過ぎにいったが、店内はほぼ満席で、空いていたカウンター席に腰をかけました。

2人の調理人に、おばちゃんが一人で切り盛りしていました(あとで男性が加わりました)。

多くの客の注文をこなすのにおばちゃんヒーヒー云うてる状態でした(口には出していないが)。

豚肉ホルモン料理が気になる中で注文したのは。

瓶ビール(キリン…キリンは横浜発祥でしたね)に
チート(豚の胃袋)の生姜炒めに、
青菜(青梗菜)炒め、
そして裏メニューのパタン(大蒜たっぷりの麺)でした。

パタンはメニューに書いてないけど、多くの客が注文する人気メニューでした。

注文して暫くしてチートの生姜炒めが登場。
瓶ビールと共に。
チートの生姜炒め@第一亭(横浜・日ノ出町)


豚の胃袋はこりこりとした食感。
酸味と生姜が利いていた。

そしてパタン。
パタン@第一亭(横浜・日ノ出町)

太い中華麺に胡麻油、潰した大蒜に、刻みネギを、醤油で和えてあった。
冷たい麺で、人数分供される中華スープに浸して食べろという。

冷たい麺で汁に浸してないので、吞んだ後、でもじっくりと食べやすいんでしょうな。

ペペロンチーノのような味わいでしたが、麺にはたっぷりの大蒜が和えてあるので、店を出てからが大変。体に浸透して、次の日まで臭いを発するでしょうな。

当日と次の日、大切な用があるかたは、避けた方がよいと思います(微笑)

お店はランチは平日だけ。週末は夜だけですので、ご注意を。

中華料理「第一亭」
横浜市中区日ノ出町1-20
045-231-6137(予約可)
営業時間:11:30~13:30(土日、祝日を除く)
17:00〜21:00(入店は20時が目安)
地図

リンク:第一亭 (ダイイチテイ) - 日ノ出町/台湾料理 [食べログ]