大阪市は、生活保護費の一部をプリペイドカードで支給する試みを始めると発表。

三井住友カードが提供する「Visaプリペイドカード」のサービスを利用するようだ。
img_card-other_05

チャージには1人あたり毎月220円かかるという。
生活保護費は月払いだから、受給者15万人分の手数料収入(年間3億9600万円)が三井住友カードに入るようだ。



その手数料収入を住友に稼がせるのが狙いか(をい)

リンク:
生活保護費の一部をプリペイドカードで支給へ 大阪市@朝日新聞
三井住友カードなど、公的給付にVisaプリペイドカードを活用するソリューションの提供開始@日刊工業新聞
大阪市、生活保護費の一部をプリペイドカードで支給へ 橋下徹氏「管理するのは当たり前」@Yahoo!ニュース
全国初!Visaプリペイドカードによる生活保護費の支給をモデル的に実施します@大阪市ホームページ