阪神・淡路大震災から20年。
大阪ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」の道上洋三さん曰く。
道上洋三さん

震災直後に、取材で被災地を訪れたテレビクルーを介して聴取者(リスナー)から寄せられた「遠くの親せきより、近くのラジオやねえ」と云う言葉が心に残っているという。


道上さん曰く「災害の時はラジオと云われているがそれは違う。いつものラジオがあるからこそ、災害の時のラジオ」というのはよくわかる。

いつも心の拠り所になっていないと、いざというときも拠り所になると思わないから。


リンク:
道上洋三アナの心に残る言葉「遠くの親せきより近くのラジオやねえ」 ── 阪神淡路大震災から20年 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース
abc1008.com | おはようパーソナリティ道上洋三です - ABCラジオ