マリーンズの福浦和也選手が9日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)で1試合2本塁打を放ちました。
6番指名打者で先発出場した福浦選手が2回に右翼席へのソロ。2点ビハインドの7回には同点となる2点本塁打を放ち。Bs先発東明投手から全得点をたたき出しました。

試合は9回にマリーンズが1点勝ち越して、逃げ切り成功。

4年ぶり(前回も関西でのBs戦)に1試合2発放った福浦選手がヒーローインタビューに。

帽子を脱いだらお父さんな彼ですが、すっかり違和感ない。年を重ねましたね。
福浦和也1試合2本塁打


◆4月9日 京セラドーム大阪

オリックス・バファローズ 3−4 マリーンズ

M 010 000 201|4
Bs 001 020 000|3


リンク:日刊スポーツ テーブル式スコア