「(大阪市解体)特別区設置住民投票」を前にJNN(TBS系のニュースネットワーク)が世論調査を行った結果、反対が賛成を8ポイント上回ったという。
45


以下、毎日放送のニュースより。
===
 いわゆる大阪都構想の是非を問う来週の住民投票を前に、JNNなどが世論調査を行った結果、反対が47.8%と、賛成を8ポイント上回っています。

 「大阪都構想」は政令市・大阪市を廃止して5つの特別区に分割するもので、JNNなどがこの土日に大阪市民対象に電話調査を行い、1000人余りから回答を得ました。

 その結果、賛成が39.5%、反対47.8%と、反対が賛成を8ポイント余り上回りました。3月には賛成が反対を2ポイント上回っていましたが、4月には反対が逆転し、今回もそれに近い数字となっています。

 投票は17日で、対象は大阪市の有権者211万人です。
===

世論調査では8ポイント「反対」が「賛成」を上回っているが、それがあくまで世論調査で。

実際「期日前投票」に投票所に行くと「大阪市を廃止し…」の旨の記載がない。しっかり理解していないと戸惑うと思います。
そのとき「反対」と書けるかどうか…。8ポイントの差は無いのも同然という識者の指摘は当然かと思います。

ぜひ投票所に出向いて「反対」を投じてほしいです。


リンク:大阪都構想 「反対」がリード、住民投票まで1週間 @MBS NEWS