大阪市の東南部、東住吉区にある「杭全(くまた)」交差点です。
杭全交差点
難読地名として有名な「杭全」。

古くは「杭全ロータリー」として知られたこの交差点は、大阪と奈良を結ぶ国道25号、今里筋(森小路大和川線)に美章園街道が交差する五叉路で、交通量が多い為、横断歩道が設けられず、歩行者は歩道橋に上らないと横断できませんでした。
杭全交差点(google mapより)

(google mapより)

その歩道橋は老朽化が酷く(ボロい)かつ、階段しかないので、歩道を通ってきた自転車は行き止まりになり、手前の交差点で道路の反対側に廻るか、車と一緒に車道を走るしか手がありませんでした。

その状況はTVの全国ネットでの番組でも取り上げられたようで。

#ただその映像を制作したのは、あの「読売テレビ」なのですが…。

何年か前に歩道橋の架け替え工事が始まり、それが完了。
歩道橋を自転車が通行できるよう、5基のエレベーターが設置されました。

車道を通過することを危険に思うかたは自転車をエレベータに乗せ、歩道橋を通行することにしているでしょう。
#歩道橋上の自転車運転は禁止されています。

前述のテレビ番組でも映っていましたが、交差点の右側通行はNGです。
あす施行の改正道路交通法では厳しく取り締まれますので、ご注意下さい。

リンク:
国道25号「杭全交差点」で横断歩道橋が完成!@国土交通省近畿地方整備局大阪国道事務所